月2回の定例活動など、緑のダム北相模のさまざまな活動を紹介しています。
第9期 通常総会 議事録
1、招集年月 平成24年6月19日(日)PM3:40〜PM5:00
2、開催場所 相模湖交流センター
3、議事事項

(1)議長の選任の経過
 定刻に至り司会者の石村理事長の開会宣言で定款所定数を満たしたので有効に成立した旨を告げ、満場一致で川田理事が議長に選任され、議題の審議に入った。

(2)第1号議案 2010年度事業報告、収支決算書について
2010年度の事業報告として最初に石村理事長から相模原市・市民協働事業の2年目、小原本陣の森:集約化施業、の相模原市「政令指定都市」に政策提言:内陸・グリーンハブ、都市甲州古道ぷろじぇくと、まとめ草子、FSCTM審査/二期目(6年目)の認証、全日本森林インストラクター神奈川会との協働、相模原内陸・グリーンハブ都市:勉強会などの概要が説明があった。

つぎに個別事業経過について活動担当者から以下の報告があった。
森をつくる事業として、小原本陣お集約化施業活動の報告(川田理事)、若柳・嵐山の森の望星の森、なみすけの森の活動報告(宮村理事)、中国青少年の森林体験のイベント報告(内野理事)フォレスト・ノバの森の活動(植木会員)、命の森の活動報告(佐藤会員)があった。

若柳嵐山の森のFSCTM2期(6年目)の認証審査が終了し2期目の認証を得た事の報告(内野理事)

森をつなぐ事業として緑のダム体験学校として桂北小学校での手作り木工教室で「鉛筆消しゴムベンチ」を作った活動報告(斎藤理事)

森の積み木を相模原市と姉妹都市提携している被災地の大船渡市保育園等、15ヶ所に届ける活動(川田理事)、第4回「森づくり・モノづくり」コンテストでUIA2011東京大会チェアーシティ展参加コンペ活動(丸茂理事) 上智大学アジア人材養成センターの「積み木3万個でつくるアンコールワット」のイベント活動(阿部さん)等の報告があった。

2010年度の収支報告として、議長は議場に諮ったところ、満場一致で可決された。

(2)2号議案として2011年度の事業計画、収支予算書について
2011年の事業予定として相模原市に政策提言している内陸・グリーンハブ都市構想を一歩進める話(石村理事長)、相模原市協働事業3年目の小原本陣の森の集約化施業プランの話(川田理事)があった。
また、個別事業の取り組みは前年度の継続事業としての森をつくる、森をつなぐ、森をいかす事業のほか新たな取り組みとして新しい森林産業の創出として三井物産他との協働事業(川田理事)の説明があった。

2011年度の収支予算書について石村理事長から震災等の影響で従来の行政、企業等の助成がほとんど得られなく成っている。活動費用の捻出を新たなシステムを生み出す事が必要になってきたなどの説明があり、会員諸兄に向けての協力要請があった。次いで、議長は2011年度の収支予算書について議場に諮ったところ、満場一致で可決された。

会場からは桜井会員から、森づくりの目標としてどのような森にしていくのか具体的な目標を考える事が重要だ。大切なのは山主がどのような山にしたいかその目標に対して、NPOがサポートするのが本来の姿ではないかなど貴重な意見があった。

以上をもってすべての議案の審議を終了したので、議長は閉会を宣言し午後5時に第9期通常総会を散会した。

平成23年6月19日
特定非営利活動法人 緑のダム北相模

議長
川田  浩 印

議事録署名人
丸茂  喬 印


※原本は事務局にて保管しております。
ウェブ上では、押印を省略しております。

総会の様子とプレゼンテーションの一部

















| kitasagami | 緑のダム北相模より | 23:19 | - | - |





1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
最近のエントリー
カテゴリー別エントリー
アーカイブ
緑のダム北相模 サイトメニュー