月2回の定例活動など、緑のダム北相模のさまざまな活動を紹介しています。
定例活動報告 第377回 (嵐山の森)
 梅雨の晴れ間の日曜日。今日は当会にとって特別な日、嵐山の山主・鈴木史比古さんのお父様である故・鈴木重彦さんのご命日なのである。私は晩年に少しお会いした程度だが、この方の存在なくして緑のダムの活動はあり得なかったといっても過言ではない。朝礼時、石村さんからの申し出により皆しばし黙祷を捧げる。
 高井戸中は期末試験期間のためお休み。そのため参加者はいつもより少なめの52名。だが、今回は特別に森林インストラクター神奈川会(JFIK)から理事である菅原さん、中村さん、田中さんの3名の参加があった。当会との連携を測るための視察である。川崎・東高根森林公園で活動している「草笛ピートルズ」の石川さん、原田さんのお二人も昼休みにオオムラサキツツジの葉を使っての草笛演奏を披露してくださる予定である。
 午前中、私は高井戸中・宮村先生、麻布大・原田先生たちと一緒に植生調査。高井戸中OB、草笛ピートルズ、望星高校というなんとも変わったチーム編成。そこにJFIK理事3名の強力な助っ人陣も加わる。この調査は来るべきFSCⓇ認証更新のための準備作業である。東海自然歩道沿いやノバの森、雑木林、モマ工房付近の森など調査区画が多いため、まる1日がかりの仕事となってしまった。
 森林整備班は木林士によって伐採された材を沢の縁まで降ろす。お花畑班は草刈り、剪定、ラズベリーの植え付け。フォレストノバは初めて嵐山に来たメンバーのための森林案内と森からモマハウス横までの材降ろし。10人で8本を運んだ模様で、これらを井桁状に積み上げ自然乾燥させる予定らしい。
 昼休みにはいよいよ「草笛ピートルズ」の演奏会だ。オオムラサキツツジの葉を使い「四季の歌」「夏の思い出」「ふるさと」等の懐かしいメロディーが素朴に奏でられる。その後は参加者のための草笛講習会。こちらでピーピー、あちらでピーピー、音は何とか鳴るものメロディーまではほど遠い。肺の力が結構要る。力んだあまり目の前がくらくらしたのは私だけではないだろう。このところ森での演奏が続くが、これはいい。音楽はひとの心を癒してくれる。森と同じように。
 JFIK会員、森林セラピストでもある田中さんの楽しくためになるリラクゼーション体操がさらに場を盛り上げたあとは午後の活動に。作業はいつものように整然と進む。ノバは径路の補修作業に加え、森につくられた径路の天辺に登り作業地の再確認を行った。生命の森宣言東京は今後、自分たちの森をどのように管理していくかを再検討。
 ところで、森から運びだした材の仮置き場建設はどうなったの? いつできあがるの?ご心配なく。本日は基礎ブロックの位置出し・固定という重要かつ精密な作業を10名ほどの協力で完了した。あとは柱を刻んで建てるのみとは体験学校長・斎藤さんの弁。
 特別の日であった今日。これまでたいした事故もなく無事に活動できたのも重彦さん、山の神様のお蔭なのかも知れない。この後の総会も懇親会も大いに盛り上がった次第である。




またこの調査の様子をGISを利用したウェブページで試験的に公開しています。

麻布大学国際コミュニケーション研究室制作のページ
地球環境部制作のページ


| kitasagami | 森をつくる、定例報告(相模湖・嵐山の森) | 23:39 | - | - |





1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
最近のエントリー
カテゴリー別エントリー
アーカイブ
緑のダム北相模 サイトメニュー