月2回の定例活動など、緑のダム北相模のさまざまな活動を紹介しています。
定例活動報告 第505回 (嵐山の森)
 いよいよ師走を迎えるが早いもので年々月々の流れを早く感じる様になる。今回は各班ごとの活動とした。森林整備班は嵐山基地に残した間伐残材の片付け作業を行った。
A:モマ小屋前にて薪用に乾燥させている材、B:木工班小屋前に積んだ材、C:林道横に積んで集積させた材、これらでA+B+Cで約120本で約50立法メートル近くを基地に移動させる作業を軽トラを使って4名で行った。割としっかりしており活用出来そうな材50本と薪用の丸太100本を永井さんの梅林まで運んだ。残りは来年2月に知人の木材木材破砕車にお願いし、チップ加工にする。その後お花畑班の畑に埋まった大谷石の板(一部が相当重い)の運び出しを手伝った。12/10〜12/11で東京ビックサイトで開催されたエコプロダクツで知り合ったフォレストセイバー研究所の林哲久代が当団体を訪れた。我々の活動や竹林の相場を見て頂いた林氏は竹炭や竹細工のほか竹の燻製を作る活動で木コン賞受賞され、強度を持ち、長持ちする光沢のある竹を作る特許申請中の材で竹が欲しいとのことで今回を期に緑のダムに参加することになった。作業終了後はみなさまと楽しく会食した。
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(相模湖・嵐山の森) | 16:31 | - | - |





 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
最近のエントリー
カテゴリー別エントリー
アーカイブ
緑のダム北相模 サイトメニュー