月2回の定例活動など、緑のダム北相模のさまざまな活動を紹介しています。
定例活動報告 第504回 (嵐山の森)
 この日も嵐山の片付けの続き。御花畑班の畑の大谷石を片付けてほしいと地主さんからの依頼。大谷石、とにかく大きく重い。ちょっと気を抜くと腰にきちゃいそうで、4人1組で運ぶことに。こちらも切っておいてと依頼されていたサルスベリの幹で支柱を作り、スリングベルトを通す。こんな重いのに2本の幹で支えられるため、広葉樹はすごいと感動。おおかた、できた、と思ったら、奥からかなりの量が「埋まっている」。展望台を作るためだったとのことで、これは次回に行うことに。
 後半はこれまで貯めてきた薪と丸太の移動。小原の森の永井さんがお持ちのスペースに仮置きしていいということで、軽トラで4往復。丸太の間には間伐材の小屋を作った時の屋根の部品だった角材を利用。ついつい後片付けばかりというイメージを持ちがちだが、あれやこれやを再利用、再使用して、新しい活動に生かせたのが救いだった。
| kitasagami | 森をつくる、定例報告(相模湖・嵐山の森) | 16:34 | - | - |





   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
最近のエントリー
カテゴリー別エントリー
アーカイブ
緑のダム北相模 サイトメニュー