月2回の定例活動など、緑のダム北相模のさまざまな活動を紹介しています。
宇宙と森のコラボレーション 「はやぶさ」を積み木で制作
さがみはら環境まつりにて、JAXAの工学実験機「はやぶさ」を
本会の間伐材の積み木で再現、展示しました。
夏の講演会以来、杉並区の中学校の生徒が試作を重ね、今回展示、発表しました。




さがみはら環境まつりは「見つけよう、発信しよう、相模原のエコ力」をテーマに
相模原市内で環境活動に取り組む市民・事業者・教育機関・行政が協働して運営を行う、
環境のためのイベントです。
相模原をはじめとする市民等の環境保全意識の増進や環境学習の推進を目的として、毎年開催しています。
(相模原市環境情報センターHPより抜粋)




いよいよ制作開始。昼からの展示を目指し、朝早くから集合し、
作業をはじめました。


夏休み前から試作を続けてきただけに手際よく積んでいきます。


今回の目玉であるイオンエンジンも順調にできています。
ここまでは試作の成果があり、順調です。


イオンエンジンは試作通り完成。


さらに太陽光パネルを載せるための角材を組み込み
最後のアンテナ制作に取りかかります。
実はここからは試作でもあまりうまくいったことがなく、
未知の領域です。


アンテナができつつあり、いよいよ完成間近というところまできました。
ここでお昼前です。


太陽光パネル(に見えるプラスチックボード)が梱包から出され、
保護シートをはがされ、載せられていきます。


ところがここで大アクシデント。パネルの左右のバランスを調整中に
本体を大きく崩してしまい、アンテナを始め、かなりの部分を作り直すことに。
ここで、事務局のご好意で用意していただいたお昼ご飯のお弁当をあきらめて
作業を続けなければいけない雰囲気に、、、。


ここはアンコールワット、東京駅と積み木で積んできた生徒たちの底力。
一気に補修、完成を目指しエンジンがかかっていきます。


この時ばかりは中学生とは思えない顔つきの彼ら。
あれよあれよと壊れた部分が直っていきます。


さて、もう一つの制作物、打ち上げに使ったM-Vロケットも制作しました。
こちらは1年生中心で作っています。実は今日この日まで完成したことがなく
最悪の事態に備え、はやぶさを格納する頭部のみまず制作。
太陽光パネルを折りたたんだ状態に改造したレゴのはやぶさがおさまっています。


こちらも午前中何度も壊しては積み、ちょっとあきらめ、また積み始め
また壊しの繰り返し。しかしここまでやってきてやっぱりできない、という
わけにはいかないでしょう、と励ましつつ、叱りつつ、ふとした時に
目標としていた高さまで積み上がっていました。


こうなればやるしかない、という雰囲気になり、頭部のはやぶさも格納完了。


そうこうしているうちに「はやぶさ」は完成。
制作の中心になった生徒はやっとお昼にありつけることに。ここで13時過ぎです。


JAXAからお借りしたパネルとともに展示。
あっという間にカメラを持っているお客さんに囲まれる積み木のはやぶさ。
みなさまの次の関心は恒例の壊す瞬間のようですが。


アンテナと太陽光パネル。
太陽光パネルはプラスチック製ですが、支えるための支柱は一応ヒノキの角材を使っています。
実はこの角材、断面が立方体の積み木とまったく同じサイズのため、何もなかったようにおさまるという優れもの。


M-Vロケットも無事に完成。ちなみにこのような形で完成形を見たのははじめて。
生徒達も奇跡の完成と喜んでいました。


当日は積み木広場も併設し、たくさんの子どもたちにも積み木に触れてもらうことができました。
今回、はやぶさを作るにあたり、ご指導いただいたJAXAのみなさま、
展示の場をご用意いただいた相模原環境情報センターのみなさまに厚く御礼申し上げます。
今後も相模原市と連携を深め、森林広報を続けていきたいと思います。
| kitasagami | 間伐材の積み木の取組み | 11:14 | - | - |
経営運営会議 議事録
場所:マルモ出版会議室
時間:18時から
参加者:石村、内野、斎藤、瀬戸、川田(記録)(オブザーバー/中村氏:津久井大豆栽培者)

【1】定例活動
A相模湖・嵐山の森
(1)9月16日(第3日曜日):定例活動
◎体験学校 :なし
◎定例活動
[1]森林整備班:径路・林内整備 
[2]花畑班:草刈、垣根作り?(参加者+戸山高校OG1名)
[3]木工班:小原ベンチ仕上げ (下塗り、 上塗りは10月7日?)
[4]望星の森・なみすけの森: 15人
[5]フォレストノバ: 13人 AM/材下し、PM/径路補修
[6]命の森宣言東京:協働協約のボサ刈り(東海自然歩道寄り) ◎その他 [1]井伊氏:詩吟(昼休み12時45分〜)
[2]桜井尚武先生参加。(後任:丸山豊先生)(林野庁:今泉さん)
(2)10月21日:定例活動

(3)その他
[1]11月早稲田:15人
[2]東海大高輪台高校SSH受け入れ(石村、内野、補助:宮村)
11月10日(土)フィールドワーク ← 緑のダムで指導
[3]来年2月フォレストキッズ
(渕上:ガールスカウト。9月末までに希望日時、人数概略決定)(内野:JFIK対応)
[4]JFIKへの10万円の振込先は、会計が交代した。振込先を再連絡(内野)
[5]9月29日(土)東京都練馬区の自然環境尾ボランティアが嵐山の基地で植物銘板作成(斉藤氏の仲間)(材料移動時にForest Nova☆が協力する)
[6](未定)体験学校:セブン-イレブンみどりの基金:社員及び相模原市内加盟店
・石井氏の救命講習会を同時開催とする。(お客の救急救命講習会)(相模原市消防の吾郷君にも参加依頼する)

B小原本陣の森
(1)9月2日:雨天のため座学とした。&巨大ベンチ補修(Forest Nova☆2人)が行った。
(2)10月7日:径路整備予定。 & 巨大ベンチ補修(Forest Nova☆2人)予定?
(3)その他
[1]救急箱薬品: (小原から次回持ち帰ること)
[2]小原の径路整備は年内完成を目標。 その後は基地周り整理予定。

【2】イベント&地域活動 
[1]9月30日:さがみはら環境センター「環境祭り」 (宮村)、「森の積み木」ではやぶさ制作。Forest Nova☆も環境祭りに参加
[2]9月30日 小原町内会お月見 (小原集会場)

【3】理念活動
1打合せ・会議・グリーンハブシティ構想
[1]8月22日与瀬の尾形さん訪問。打合・相談した。 (石村、川田)
[2]9月8日(土)小原宿活性化・代表者会議に出席した。 (川田)
[3](株)サーティーフォー訪問した(石村)(130棟/年?モデルハウス建設予定)
[4]環境市民活動 助成金セミナーに出席した。(損保ジャパン、セブン-イレブン、三井物産 他)(石村、川田)
([5]予定:麻布大学:原田先生(認証林)と面談)
麻布大学(Forest Nova☆)を中心とした学生の森の構築

2補助金申請関連 (石村)
[1]公益財団法人 自然保護助成基金:提出した。競争率4倍。(9月末に決定)
[2]森・モノつくり研究所(丸茂所長、渕上副所長、石村黄仁、佐藤隆子、永井広紀)
9月12日プレゼン選考会:相模原市協働事業
「津久井材の間伐材で森林を再生する商品開発事業」:見直し
[3]三井物産環境基金作成中(来年度以降:学生の森構想、作業道建設教育、経済化)

3森の積み木、その他
[1]エコナノクラブ 「ミウルの森の積み木」(緑区潤い)。
・ミウル君の商標使用許可が緑区から下りた。
・ミウルの森の贈り物:リーフレット完成
・50個パック:9月15日海老名SAでイベント販売。
[2]森・モノつくり研究所:小学校机の天板の推進中

4その他
[1]8月3,4,5日、高井戸中:コカ・コーラ環境教育賞 優秀賞を受賞。北海道夕張
[2]かながわ力大賞受賞(9月15日授賞式:Forest Nova☆吉崎さん出席)
[3]緑のダム北相模 15周年PR冊子印刷手配中(丸茂)。後援団体名 掲載許可手続き終了(石村)
[4]相模原市本庁ロビー:ベンチ展示(寄付)の進捗は望み薄

【4】事務局・組織・会計の簡略化
[1]打合せ(9月6日)(吉田、宮村、川田)(宮村さん事情により継続できず。後任探し中)
[2]ニュースレターの現地取材の伊藤さんのアシスト:内野
| kitasagami | 経営運営会議事録 | 10:57 | - | - |
経営運営会議 議事録
場所:マルモ出版会議室
時間:18時から
参加者:石井、石村、内野、角田、川田、斎藤、佐藤、淵上、丸茂、宮村(記録)

【1】定例活動

A相模湖・嵐山の森
(1)8月19日(第3日曜日):定例活動
◎体験学校 (対応相談)
[1]学芸大環境教育専攻1年の環境保全活動プログラム(学外実習)10〜20人受入れ(宮村)。
 高井戸中生徒の指導は無理なので、内野・川田・角田がアシスト
[2]フォレストノバ:子供たちの環境教育:子供+大人20人(市の環境センターから、カブトムシ牧場)
[3]戸山高卒4名+学大付属大泉中卒[2]名(川田の友人)(ブルーベリー摘み)
◎定例活動
[1]森林整備班:径路・林内整備 
[2]花畑班:草刈、垣根作り
[3]木工班:石村事務所のベンチ仕上げ(環境センターの代替ベンチ)
[4]望星の森・なみすけの森:植生調査の練習、午後からは学芸大学の学生と合流
[5]フォレストノバ:体験学校の受け入れ
[6]命の森宣言東京:協働協約のボサ刈り(東海自然歩道寄り)
◎その他
[1]晩生ブルーベリー摘み:丸茂
[2]フォレストノバ:森林勉強活動(角田)
[3]練馬区の緑化協力員3名の参加がある。
(2)9月16日:定例活動
(3)その他
[1]10月、体験学校、セブン・イレブンみどりの基金より依頼、社員及び相模原市内加盟店
[2]10月、市内の小中学生金山先生(相模原小・中合同校長会長、森林ビジョンのなかでの環境教育で)
[3]11月、早稲田大学の教育課程学生の受け入れ予定
[4]東海大高輪台高校SSH受け入れ(石村、内野、補助:宮村)
第1回 10月31日(水)事前講義:鈴木先生
第2回 11月 8日(木)講義←緑のダムで指導
第3回 11月10日(土)フィールドワーク←緑のダムで指導
第4回 11月12日(月)まとめ・発表会
[4]石井氏:救命講習会はいつ行うか。
 (ForestNovaのOBで、相模原市消防の吾郷君は参加できるか?)
[5]来年[2]月フォレストキッズ(渕上:ガールスカウト。9月末までに希望日時、人数概略決定)
[6]JFIKへの10万円の振込先は、会計が交代したので確認必要(内野)
[7]バイオマス火力発電所見学は緑のダムからはなし。

B小原本陣の森
(1)8月5日:径路整備、完成までもう少し。
巨大ベンチ補修(Forest Novaから2人)、腐ってしまった部分を削り取った。再塗装を行う。
(2)9月9日:径路整備、巨大ベンチ補修(Forest Novaから2人)、上記の活動を継続しておこなう。
Cその他
[1]救急箱薬品:(小原から次回持ち帰ること)
[2]小原の径路整備は年内完成を目標。 その後は基地周り整理予定。

【2】イベント&地域活動 
[1]9月30日:さがみはら環境センター「環境まつり」高井戸中学ではやぶさを展示、「森の積み木」:はやぶさ制作の進捗は試作をしている。なんとか形にしたい。
[2]9月?小原町内会バーベキュー大会 (小原の郷)

【3】理念活動
1.打合せ・会議・グリーンハブシティ構想
[1]7月17日(火)18時酒井先生講義「林業生産技術と森林・林産業の循環の輪」 開催。
・講義録・PP画面を参加者に送付準備中。サイトへの公開については要確認。
[2]7月28日(土)相模原市協働事業報告会、川田と津久井郡森林組合・坂本専務同席
[3]7月28日学大オープンキャンパスにて講義、石村・宮村が担当
[4]8月7日 相模原市加藤部長・森部長と面談(石村、川田で環境センター斉藤さん同行)
| kitasagami | 経営運営会議事録 | 21:48 | - | - |
経営運営会議 議事録
場所:マルモ出版会議室
時間:18時から
参加者:石村、内野、川田、斉藤、瀬戸、宮村

【1】定例活動
A 相模湖・嵐山の森
(1)7月15日(第3日曜日):定例活動
◎定例活動
[1]森林整備班:径路・林内整備
[2]花畑班:草刈、垣根作り
[3]木工班:(小原巨大ベンチ補修?)
[4]望星の森・なみすけの森:
[5]フォレストノバ:
[6]命の森宣言東京:協働協約のボサ刈り(東海自然歩道寄り)

(2)8月12日:定例活動
[1]杉並教育研究会環境教育部受入れ(宮村)日曜研修は教育委員会不可
[2]学芸大環境教育専攻1年の環境保全活動プログラム(学外実習)10〜20人受入れ(宮村)。

(3) その他
[1]嵐山協働協約。地区名は「F」地区。市の補助20%の目途が付かないため、作業道・間伐は来年度に延期
[2]9月?:体験学校:セブン-イレブンみどりの基金:社員及び相模原市内加盟店
[3]10月市内の小中学生:金山先生(相模原小・中合同校長会長)(森林ビジョンと関係)
[4]11月早稲田
[5]11月フォレストキッズ(JFIK:内野)

B小原本陣の森
(1) 7月1日:径路整備
(2) 8月5日:径路整備、巨大ベンチ補修

C その他
救急箱薬品:(小原の確認も行う)

【2】イベント&地域活動
(1)環境情報センターのロビー展示の模様替え「森林テーマ」(宮村):模造紙6枚展示中(6〜8月)
・「森の積み木」:はやぶさ制作(9月?)、
(2)相模原市/山口課長作:木のカルタ、ヒノキはスギより字が乗り易い。女子美が画。
(3)6月10日(日)小原活性化協議会全体会議出席(川田)
(4)7月10日16時〜JAXA講演:イオンエンジン開発者。場所:高井戸中。

【3】理念活動

1 打合せ・会議・グリーンハブシティ構想
(1)7月17日(火)18時酒井先生講義「林業生産技術と森林・林産業の循環の輪」 東大ファカルティハウス
(2)7月28日(土)相模原市協働事業報告会
(3)7月28日学大オープンキャンパス講演(石村・宮村)

2補助金申請関連 (石村)
(1)相模原市本庁ロビー:ベンチ展示、緑のダムからの寄付という形にする
(2)セブンイレブン報告書/申請書提出済み、
第4期3年間決定
(3)三井物産環境基金(来年度以降:作業道建設教育?)
(4)公益財団法人自然保護助成基金、申請済み

3森の積み木
(1)約1万個、やまのべ館にて仕上げ作業、6月8日ケース詰め確認
(2)はやぶさ「模型キット」の開発→藤工房検討中

4 その他
(1)相模湖駅一元寿司2階改装完了、津久井郡森林組合から西坂工務店。(仲介:渕上)
(森林組合:間伐・搬出終了:乾燥中。2か月間林内乾燥)
(2)Forest Nova倉庫整理費用支払済。ゆうちょ銀行通帳もつくり清算に使用する
(3)緑のダム北相模 PR冊子(丸茂)

【4】事務局・組織・会計の簡略化
(1)7月3日:谷田部会計事務所と確認・打合せ/昨年度の決算方法で良い。(吉田、川田、石村夫妻)
(2)7月3日:会計データ昨年度分訂正入力(吉田、宮村、川田)

【5】継続案件
1 会員名簿の整備(斉藤)
(1)名簿データ(住所、電話、メールアドレス)の整備方法の再検討を行いたい。(事故発生時の保険金支払い請求にも必要)ニュースレターなどに会員の動静も掲載したい。
(2)一般メーリングリストメンバーの整備(全会員:メールがない人を除く)。
(3)運営会議のメーリングリスト(理事、運営会出席常連者)。
(4)ニュースレター郵送者の整備(宮村、石村)
(5)会費納入管理名簿の作成
以上の打ち合わせを7月中に行いたい。
| kitasagami | 経営運営会議事録 | 21:44 | - | - |
宇宙と森のコラボレーション 「はやぶさ」講演会 を開催
 本会の活動する相模原市には、JAXA相模原キャンパスがあり、小惑星イトカワからサンプルを持ち帰った工学実験機「はやぶさ」はあまりにも有名です。そこで、同じ相模原市という縁でこのはやぶさを本会の積み木で作ることにしました。今回は杉並区立高井戸中学校にJAXAからイオンエンジンの開発、運用に携わった細田さんに来ていただき、はやぶさのお話をしていただきました。在校生、卒業生、保護者、本会関係者40名近くが集まりました。イオンエンジンという非化学的な推進方法の原理やメリットなどをお話ししていただいても面白かったのですが、対象が中学生ということをよく理解していただいていたのか、宇宙のはじまりのことや電波や光のこと、打ち上げや運用の裏話など、1時間があっという間の講演で、中学生たちが食いるように聞いているのが印象的でした。

 また、はやぶさだけでなく、打ち上げに使用したロケットも作ってはどうかと提案してもらい、ロケット制作専用チームを作り、試作をはじめています。頭部にはレゴのはやぶさが入るというギミック付です。もちろん、はやぶさも、本体や上部のアンテナ、イオンエンジンなど特徴的なパーツはできつつあり、あとは細かいセンサーをどこまで再現できるかに挑戦しています。実は、最も肝心なサンプル回収カプセルにかなり苦戦しており、中学生の創意工夫に期待している所です。完成した積み木のはやぶさは9月の相模原市環境まつりで公開予定です。


| kitasagami | 間伐材の積み木の取組み | 22:16 | - | - |
宇宙と森のコラボレーション
本会が活動する相模原市には、小惑星イトカワから
微粒子を地球へ持ち帰った小惑星探査機、はやぶさの
開発、運用を行ったJAXA相模原キャンパスもあります。

このはやぶさを杉並区立高井戸中学校の生徒を中心に
本会の間伐材の積み木で再現するプロジェクトが進めています。
その第1回目として、同校にて、はやぶさの
イオンエンジン開発に携わった研究員の方から
お話をいただく会を開催します。



参加費無料ですので、ぜひお越し下さい。
申込は以下のメールアドレスまでご連絡ください。
続きを読む >>
| kitasagami | 森をつなぐ | 23:30 | - | - |
経営運営会議 議事録
場所:マルモ出版会議室
時間:18時から
参加者:石村、内野、川田、斉藤、佐藤、瀬戸、丸茂、宮村(記録)

【1】定例活動
A相模湖・嵐山の森
(1)6月17日(第3日曜日):定例活動
◎体験学校:都産研の体験学校無し
◎定例活動
1. 森林整備班:径路・林内整備
2. 花畑班:草刈、垣根作り
3. 木工班:ミツバチの巣を制作する
4. 望星の森・なみすけの森:6月は中学生は試験なので来ない。OBのみ参加
5. Forest Nova:勉強会30名の予定(内野、川田/午前:林内探索、午後:森林整備)
6. 生命の森宣言東京:協働協約の一連作業としてボサ刈り開始(東海自然歩道寄り)
○JFIK瀬尾さん草笛指導、12時30分〜
○総会のため15時終礼とする。 総会準備(石村)(会場:相模湖交流センター、資料作成)
(2)7月15日:定例活動
高井戸中近隣の浜田山小学校の親子体験を受入れ(宮村)(環境教育)
(3)その他
1. 嵐山協働協約。20%間伐、8m。6月手続き、8月着手。間伐・枝打ち作業は9月〜。地区名は「F」地区県の補助80%。市の補助20%の目途が付かない。順番待ち?
・作業道整備計画&搬出計画検討:北都留森林組合と再検討。
2. 8月嵐山に杉並教育研究会環境教育部受入れ(宮村)日曜研修は教育委員会不可(プライベート研修)
3. 8月嵐山に学芸大環境教育専攻1年の環境保全活動プログラム(学外実習)10〜20人受入れ(宮村)教育実習とすれば、高井戸中の生徒指導。
4. 10月体験学校、セブン-イレブンみどりの基金:社員及び相模原市内加盟店
5. 10月市内の小中学生、金山先生(相模原小・中合同校長会長)森林ビジョンと関係で
6. 11月早稲田大学教育過程の学生対象

B小原本陣の森
(1) 6月3日定例活動、ケヤキの根っこ/幹:2m玉ぎり、2枚製材実施した(斉藤)
(2) 7月1日、径路整備予定

Cその他
(1) 救急箱薬品、嵐山/補充作業終了。小原はいったん回収して嵐山で確認
(2) Forest Nova合宿、そのまま6月定例に参加、20名

【2】イベント&地域活動
(1)環境情報センターのロビー展示(3ヶ月)の模様替え「森林テーマ」(宮村)
・ 積み木、Forest Novaの紙芝居、板の展示:丸太+板→どうする(宮村、斉藤、渕上)
・「森の積み木」:はやぶさ制作

(2)環境情報センターの小学生環境教育資料作成に協力(6月5日朝日新聞・三井物産資料メール送付

(3)相模原市/経済観光課課長作:木のカルタ、ヒノキはスギより字が乗り易い。女子美が画。

(4)5月27日上智大学:ソフィア祭積み木「旧校舎復元」

(5)6月10日(日)小原活性化協議会全体会議出席(川田)

(6)7月10日16時〜JAXA講演:イオンエンジン開発者。場所:高井戸中。

(7)Forest Nova:「夢屋」、日曜朝市から夢屋に一本化

【3】理念活動
(1)相模原市協働事業完了

(2)打合せ・会議・グリーンハブシティ構想、石村
1. 酒井先生講義「林業生産技術と森林・林産業の循環の輪」7月17日(火)18時ファカルティハウス
2. 6月6日、SGS打合せ報告、石村
3. 6月8日、与瀬の森調査、石村
4. 6月8日、津久井郡森林組合打合せ、石村

(3)補助金申請関連(石村)
1. 神奈川県:「もり・みず 市民事業支援補助金」。採択80万円5年間:内装、積み木
<間伐材利活用>事業そのものは「緑のダム北相模」が責任窓口。担当丸茂、渕上
実務部隊は 「さがみ湖・森モノつくり研究所」と言う名称で商品開発・販売活動をする。所長:丸茂、実務責任:淵上、金銭管理:佐藤。活動チェック:石村、商品開発・営業販売:全員
2. 相模原市本庁ロビー:ベンチ展示、寄付?
3. セブンイレブン報告書、申請書提出、第4期150万円を3年間
4. コカコーラ環境教育賞に応募中、宮村
5. 三井物産環境基金、本年6月15日締切

(4)森の積み木
1. 約1万個、やまのべ館にて仕上げ作業、6月8日ケース詰め確認する
2. 5月2日委託販売契約確認、エコナノクラブとの契約済、事務局石村、Webの表記も変更
3. 5月24日相模湖デイサービス「森の積み木」売込訪問。武蔵新城駅にて川田、渕上で打合せ
4. はやぶさ「模型キット」の開発→藤工房検討中

(5)その他
1. 相模湖駅一元寿司2階改装:津久井郡森林組合→西坂工務店。仲介渕上、森林組合間伐・搬出終了、乾燥中、製材へ。
2. Forest Nova倉庫整理費用支払:ゆうちょ銀行通帳完成、Forest Novaへ石村鸞子指導で会の口座を開設した。
3. 緑のダム北相模、PR冊子、丸茂
4. 名簿の管理、メーリングリストによるニュースレターの広報なども再検討する、斉藤、川田、宮村で担当

【4】事務局・組織・会計の簡略化
1. 谷田部会計事務所決算報告書、総会資料
2. 総会準備、資料、会場、プロジェクター用意
| kitasagami | 経営運営会議事録 | 22:30 | - | - |





      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
最近のエントリー
カテゴリー別エントリー
アーカイブ
緑のダム北相模 サイトメニュー